東京でマツダの中古車の高額査定を狙うには? | マツダの車種一覧

このページでは、マツダの車種を一覧で紹介しています。

現在のマツダの自動車業界における位置づけは、世界における中堅自動車メーカーといったところでしょう。

日本においても、ややマイナーなメーカーのイメージを持たれがちです。

しかし、世界規模で見ると、ヨーロッパ市場を意識した車の開発がされており、ヨーロッパにおいては人気が高いメーカーです。

高速域でも安定したハンドリング性能は、特にアウトバーンを高速で走るドイツにおいても高く評価されています。

近年では「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下で、スポーティな車に特化した方針を打ち出しており、オーストラリアなどでも販売を伸ばし、海外における評価をさらに上げています。

このように、マツダの中古車は海外でも需要が高いため、高値で取引される可能性が十二分にあります。

輸出を得意にしている業者も東京にはたくさんありますので、思わぬ高額での買取が実現するかもしれませんよ!

マツダの車種一覧

英数字

  • CX-3
  • CX-5
  • MPV

あ行

  • アクセラセダン
  • アクセラスポーツ
  • アクセラハイブリッド
  • アテンザセダン

た行

  • デミオ

は行

  • ビアンテ
  • プレマシー

ら行

  • ロードスター

5つのコツ

ランキングページリンクボタン

▲マツダの中古車で高額査定を狙うなら、一括査定サイトの利用を!▲

マツダは、1920年にコルクを生産する「東洋コルク工業株式会社」として創業しました。その後、自動車事業に進出し、1927年に社名を「東洋工業株式会社」に、1984年にブランド名に合わせて「マツダ株式会社」に改称した経緯を持ちます。当初は、3輪トラックや小型4輪トラックなどをメインとして製造・販売していましたが、徐々に乗用車部門にも参入し、コンパクトカーから小型トラックまでを網羅する総合自動車メーカーへと進化を遂げ、名高いロータリーエンジンといった技術やロードスターといった名車を次々と発表してきました。広島に本拠を持つため、広島における認知度は非常に高いものがあり、また広島カープやサンフレッチェ広島のオーナー企業としても有名です。日本よりも海外、特にヨーロッパにおいて高い評価を得ているメーカーでもあります。かつては、フォードと強い資本関係がありましたが、現在ではフォードグループからは事実上独立したかたちとなっています。

このページの先頭へ